スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第62回桐生市文化祭 演劇公演「ホモサピエンス」

作 :武井 健一
演出:曽根 利夫

◎日時/平成22年5月30日(日)
◎開場/午後1:30 開演/午後2:00
◎場所/桐生市市民文化会館 小ホール
◎入場無料


-あらすじ-
地球と同じ生命が生息している銀河系ジオグローブ星のソフィア国の2070年の近未来は女性ばかりでアンドロイドが力仕事や危険な仕事をしていた。アンドロイドを研究している博士の助手はそのことに何か不自然さを感じていた。
そこへエイロン星からの攻撃が始まった。防衛隊長もその動きになにか疑惑を感じる。そして、新型のアンドロイドを開発していた博士とその研究所も狙われるようになった。
そんなおり、官邸の処分文書からある記録媒体が見つかった。それは今の国の体制を作ったことを示す秘密文書であった。
秘密を知った博士や隊長達は果たしてどうなるのか・・・。

------------------------------------------------------

終わって…
今回の作品は2ヶ月という短い期間で仕上げました。
本番1週間前にラストのシーンの台本をもらい・・・
正直かなり不安でした~

物語は2070年という近未来の設定…
衣装もそうですが、こんなにもカラフルなヘアスタイルに
全員変身できて楽しかったです~。
それぞれのキャラクターの色が出せたかなぁ

ホモサピエンス

それと装置作りや、2役のための早着替えでは「希望のうた」で一緒だったメンバーの皆さんにお手伝いいただき本当に助かりました。
この場をかりまして皆さん本当にありがとうございました
色々な作品ごとに素敵な仲間に出会える…
お芝居やってて良かったと思える瞬間です。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 劇団HATAOTO All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。